【2019年】おしゃれインテリア「壁掛けカレンダー」おすすめ8選

【2019年】おしゃれインテリア「壁掛けカレンダー」おすすめ8選

小物・置物, 雑貨・日用品

日にちの確認をしたり、スケジュールの記入をしたり、毎日目を通すカレンダーは生活に欠かせないアイテムですよね。

常に目に付くアイテムだからこそやっぱりデザインにはこだわりたいもの。

今回は、お部屋にプラスすればおしゃれなインテリアになる「壁掛けカレンダー」を8選ご紹介します。

おしゃれな壁掛けカレンダー

お部屋に馴染むシンプルなカレンダー


どんなスタイルのお部屋にも馴染んでくれるシンプルさが魅力的な壁掛けカレンダーです。

タイプフェイスという書体を活かし、洗練された美しさを感じるデザインになっています。

カラーはブラックとレッドの2色使いなので、とても見やすい仕上がりに。スケジュールを書き込むスペースも充分にあるので、様々な使い方が楽しめそうです。

カレンダー アヴァンギャルド

スタイリッシュデザインのカレンダー


シンプルでありながら、随所にこだわりを感じるスタイリッシュな壁掛けカレンダーです。

インテリアに馴染むカラーを追求して作り上げられたモノトーンデザインが素敵です。書き込みスペースが広いので使いやすそうですね。

カレンダーの1ページごとに月のアルファベットの頭文字がデザインされていて、おしゃれ感をアップしてくれます。

SIMPLISH STANDARD タイポグラフィ

おしゃれな和モダンカレンダー


ジャパニーズモダンな雰囲気で、お部屋をおしゃれに演出してくれる壁掛けカレンダーです。

厚手でざらざらとしたテクスチャ感のある用紙を使用しているので、高級感が感じられます。

祝日は、赤い円に漢字表記されており、分かりやすいデザインに。ポイントのイラストも可愛いですね。細い罫線も入っているので、バランスよく書き込みやすいカレンダーです。

SIMPLISH STANDARD こよみ


クールなブラックベースカレンダー


ブラックベースが印象的な壁掛けカレンダーです。無駄をなくしたシンプルかつ機能的なデザインで、おしゃれに仕上がっています。

黒をメインにしたクールな雰囲気のカレンダーは、インテリアとしてお部屋のポイントになってくれますね。大きめのサイズ感もインパクト抜群で、圧倒的な存在感を発揮してくれます。

デザイン性の高いカレンダーは目を引くアイテムになること間違いなしです。

カレンダー イノベーター

手描きデザインが可愛いPOP風カレンダー


スーパーマーケットなどで見かける「POP」の文字にインスパイアされたという、手描きデザインの壁掛けカレンダーです。

カレンダーの英数字は、なんとすべてがデザイナーの手描き。手書きならではの味と、あたたかみを感じることが出来ます。

3種類の紙を使用していたり、6・10月のページが型抜きされていたり、遊び心くすぐるカレンダーです。

カレンダー D-BROS

アートなビビッドカラーカレンダー


鮮やかなカラーリングが目を引く、ビビッドカラーのコンパクト壁掛けカレンダーです。

数字のフォルムを生かしたアートなデザインが空間のおしゃれなアクセントになってくれます。

まとめて飾るのはもちろんですが、並べてディスプレイも出来ますし、好きなヒモに付け替えてアレンジを楽しむ事も出来ます。自分好みの飾り方で個性を出すことが出来そうです。

カレンダー HANABUSA

パズルのようなウッドカレンダー


裏にマグネットが付いたウッドプレートを組み合わせて飾る、万年使える壁掛けカレンダーです。木製のインテリアカレンダーは、飾れば空間にあたたかみをプラスしてくれます。

付属のプレートだけではなく、マグネットが付く場所ならどこにでもディスプレイ可能。

毎月の始まりに数字の組み替えが楽しめる、まるでパズルのようなおしゃれなカレンダーです。

アンティークな雰囲気のストーンカレンダー

磁石付きのストーンを並べて使う、個性的なデザインが存在感抜群の壁掛けカレンダーです。

木枠とブリキの組み合わせがおしゃれなフレームに、ストーンが絶妙にマッチしています。メモやスケジュールを挟んでおくことが出来るマグネットカレンダーは、とっても便利です。

アンティークな雰囲気も楽しめるので、カフェ風キッチンなどに飾ってもマッチしますね。

ストーンカレンダー

カレンダーを使ったおしゃれインテリアコーディネート例

カレンダー一つでもカフェ風やモダン、シンプルなインテリアなどにも影響を与えると言われたら「本当かな?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、おしゃれなデザインのカレンダーを色々と見てみると「この組み合わせが素敵!」という発見につながるはず…

実際にどういったタイプがあるか紹介していきましょう。

ブルックリン風のインテリアと共に

出典:https://roomclip.jp

フェイクレンガを部屋の隅に集中させ、ポスター等との雰囲気を合わせてブルックリン風のインテリアになっていますね。

統一感を出すために自作カレンダーを用いたということで、ブラックをベースに白い英数字を施したり、逆の色の組み合わせでもオシャレに見えそう。

また、ポスターは様々な字のフォントを扱うことで全体を見てみたくなる楽しみもあります。

絵画でもそうですが、タテとヨコのラインを合わせてバランス良く飾るのがポイント。

自作する際は「この色で、数字のフォントや紙の大きさを合わせたい」と思った時に作ってみるのもおすすめでしょう。

カレンダーのサイズも合わせて

出典:https://roomclip.jp

柱の幅に合わせてカレンダーを取り付けるアイデア。

個人で経営するカフェや飲食店の一角にカレンダーを設ける際には、店の雰囲気に合わせたい絵の入ったタイプがおしゃれですよ。

和モダンのインテリアにする際にはまん丸の照明を吊り下げ、明度と彩度を低めにしたイスを採用したりするも良いでしょう。

柱や梁にダークブラウンや落ち着いた色合いの木材を使用すればより一層、モダンな雰囲気に近付きます。

そこに畳の部屋や和風の小物、家具を置けば和モダンの空間ができあがり。試してみたくなりませんか?

インテリアに合わせた組み合わせ

出典:https://roomclip.jp

玄関へつながる廊下の扉の横にカレンダーをかけておくことで、家族の予定を随時確認しやすくなりますね。

また、書き込み欄の広いタイプなら多くの予定も記載しやすく、遠くから見た際にシンプルさがあるのもメリットです。

日付だけでも毎日確認したいけど、カレンダーの主張は少なくしたい際には壁の色と合わせれば同化するのでおすすめですよ。

また、壁に掛ける際には周囲に収納扉や家具がある場合、意外にもスペースが限られることも…

カレンダーと言えども「スペースはどれ位あるか、実用性はどうか、周りとの統一感は?」という点を意識しつつ、部屋のインテリアに合ったコーディネートをしましょう。

黒の下地に白の数字を

出典:https://roomclip.jp

メタルウォールの時計が良いアクセントになっている配置ですね。厚みのある土台に丸い時計の数字が滑らかに描かれているのがおしゃれ。

そして、カレンダーもそうですが黒色の下地に白の数字を合わせると、文字が浮いたように見えてスタイリッシュな印象も与えてくれます。

逆に棚の上にあるような木の板に黒の文字が描かれていると凹んでいるように見えるため、立体的な飾りを楽しみたい方は意識してみると良いでしょう。

どちらの組み合わせも厚紙やボードを下地にして手作りもしやすく、壁に飾る際には画鋲などよりもクリップできるハンガーを使うのもおすすめですよ。

シンプルさを追及

出典:https://roomclip.jp

シンプルでナチュラルなインテリアには同じくシンプルなカレンダーを飾るのがベスト。

しかし、普通な字体のものを選ぶよりは見たことの無いようなタイプの字体を選ぶとアクセントになっていいですよ。

一見では数字だと思えないタイプだからこそ、アート的な楽しさがあります。

シンプルなインテリアのコツはモノを置きすぎないのはもちろん、脚の無いテーブルを使うのも床を広く見せる効果があった良いでしょう。

壁に直接、板を取り付けて天板にするためには家の設計段階から企画しておくのがおすすめ。後で取り付けるより丈夫になり、目の前を窓にすることで開放感も得られるでしょう。

万年カレンダーを飾ろう

出典:https://roomclip.jp

壁に工夫を凝らし、ひし形のデザインが目を引くインテリアですね。

白の壁に木目調のウォールステッカーか、逆のパターンで白のひし形を貼るか、既存の壁紙に合わせて柔軟に対応できるアイデアですね。

もちろん、四角形にしても、丸をいくつかランダムに貼って水玉模様にしても良いでしょう。

今回の場合、規則正しい模様にすることで丸い懐中時計のような壁掛け時計のデザインが目立ってアクセントになるのもポイント。

四角いフレームは統一感も持ちつつカレンダーの立体的なデザインは目を引き、万年カレンダーは毎年買い換える必要性が無くなるというメリットもありますよ。

ガレージのようなインテリア

出典:https://roomclip.jp

アイアンのインテリア用品がアメリカンなガレージ的な雰囲気を与えるインテリア。

それに合わせてカレンダーの日付などの表記にサビのデザインが入っているのが良いですね。

毎日、プレートをめくるのも楽しみになりつつ、アンティークのブリキの用品と組み合わせたくなるでしょう。

また、ホワイトの木の材質の壁に大きな鏡を設けることで部屋が広く感じ、鏡の縁のシルバーの材質が光るのもインダストリアルな印象も与えるため、カフェのような内装、食器類を集めたくなるかもしれませんよ。

カレンダーとのコーディネートも奥が深い

出典:https://roomclip.jp

ターコイズブルーの壁に黒い星のステッカーのデザインが映え、ビンテージ風の柱や扉の木の材質がモダンな雰囲気を表しているインテリアです。

それらのアクセントに対し、ホワイトやブラックなどの棚やカレンダーを採用することでシンプルさも表れるでしょう。そのため、カレンダーもモノトーンの色合いで合わしつつ、扉の横に掛けることでいつでも見やすい配置にしています。

ドライフラワーや観葉植物なども周囲に飾れば自然な空間にもなりますよ。

おしゃれカレンダーを飾って素敵な1年を過ごそう

カレンダーは1年を通して使うアイテムなので、納得のいくお気に入りデザインを見つけたいですね。

デザイン性が高いカレンダーはスケジュール管理だけではなく、お部屋のインテリアとしても大活躍してくれそうです。

おしゃれな壁掛けカレンダーを飾って、新しい1年を楽しく過ごして下さい。

【おしゃれな壁掛けインテリアのまとめ】に戻る
シェアする
関連キーワード
#モダン